親子で成長できるイベントを集めました♪
夏休み2022

【KOOV Challenge 2022】「安全」「ファッション」をテーマとしたプログラミング作品募集 9/8〆

キットがなくても参加可能

「ソニー・グローバルエデュケーション」(東京・品川区)は、国際的なロボット・プログラミングコンテスト「KOOV Challenge」へのエントリーを、2022年9月8日(木)まで受け付けています。

ソニー・グローバルエデュケーションとは?ソニーの研究所のエンジニアが中心となって、ロボット・プログラミング学習キット「KOOV」や、プログラミング的思考をはぐくむ「PROC」、「5つの思考回」で思考力を鍛えられる「5分で論理的思考力ドリル」などの商品やサービスを開発・運営

「KOOV Challenge 2022」は、国際的なロボットプログラミングコンテストとして、ロボットプログラミング学習キット「KOOV」のユーザーを対象に2017年からスタートし、今年で6回目を迎えます。

KOOVは、ブロックで自由なかたちをつくり、プログラミングによってさまざまな動きを与えて、学び、創造力を育成するロボット・プログラミング学習キット。一人ひとりが違うかたちを作れるということをコンセプトに、多くの学校や塾などで採用されています。

今年は「安全」「ファッション」をキーワードに、日本と中国のKOOVユーザーから作品を募集。KOOVを持っている人向けの「ロボット制作部門」と、KOOVを保有しない人向けの「VIRTUAL KOOV部門」の2部門を設けています。

<ロボット制作部門(KOOVを保有している人向け)>
テーマは、「身につけるセーフティ〜安全で新しいファッションを考えよう〜」。募集部門は、①未就学、②小学校低学年、③小学校高学年、④中学生以上の4つ。

<VIRTUAL KOOV部門(KOOVを保有していない人向け)>
テーマは、「 雪かき2022〜街の安全を守ろう〜」。①8歳未満、②8歳〜12歳未満、③12歳以上の3つの部門で、アカウントの登録が不要でブラウザから参加することが可能。

普段、KOOVを使い慣れていない人に向けたガイドも公開しているので、夏休みにプログラミングで制作をしたいと考えている人にもピッタリのプログラムですね。

詳細は、「KOOV Challenge」公式サイトから確認を。


【KOOV Challenge2022】

  • 主催:株式会社ソニー・グローバルエデュケーション
  • 対象:日本在住の個人
  • 参加費:無料
  • 締切:2022年9月8日(木)15時ころ

関連イベント

TOP